1. ホーム
  2. 社会
  3. 海自女性隊員にわいせつ 音楽隊員に懲役1年8月実刑判決

海自女性隊員にわいせつ 音楽隊員に懲役1年8月実刑判決

社会 神奈川新聞  2018年08月28日 21:34

横浜地裁横須賀支部
横浜地裁横須賀支部

 酒に酔って眠っていた部下の女性隊員(20)にわいせつな行為をしたとして、準強制わいせつ罪に問われた海上自衛隊横須賀音楽隊所属の被告の男(58)=横須賀市=に対し、横浜地裁横須賀支部は28日、懲役1年8月(求刑懲役2年)の実刑判決を言い渡した。

 判決などによると、被告は昨年4月30日、名古屋市のホテルで、酒に酔って抵抗できない女性隊員の胸を触るなど、わいせつな行為をした。

 植村幹男裁判官は判決理由で「女性隊員から同意が得られないことを認識していたのに、(女性隊員が)再び眠ってしまったことから行為に及んだ。動機は自己中心的」と指摘。弁護側は「女性隊員は抵抗することが不可能な状態ではなかった」などと無罪を主張したが、「不合理な弁解に終始し、反省の情に乏しい」と述べ、主張を退けた。


シェアする