1. ホーム
  2. スポーツ
  3. ラグビーW杯、豪代表の小田原キャンプ決定 市とチーム、宿泊先が協定

ラグビーW杯、豪代表の小田原キャンプ決定 市とチーム、宿泊先が協定

スポーツ 神奈川新聞  2018年08月28日 02:00

協定締結書を持つ加藤謙一小田原市長(左)とヒルトン小田原リゾート&スパのアンドレアス・ボッテガ総支配人=小田原市役所
協定締結書を持つ加藤謙一小田原市長(左)とヒルトン小田原リゾート&スパのアンドレアス・ボッテガ総支配人=小田原市役所

協定締結書を持つ加藤謙一小田原市長(左)とヒルトン小田原リゾート&スパのアンドレアス・ボッテガ総支配人=小田原市役所
協定締結書を持つ加藤謙一小田原市長(左)とヒルトン小田原リゾート&スパのアンドレアス・ボッテガ総支配人=小田原市役所

 ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会に出場する強豪国オーストラリア代表が、小田原市内で事前キャンプをすることが正式に決まった。15人制や7人制の代表選手が2020年までに計4回、城山陸上競技場(同市城山)で1週間程度、練習する予定。

 市と同国チーム、宿泊先のヒルトン小田原リゾート&スパの3者が27日までに、トレーニングキャンプに関する協定を結んだ。

 15人制の男子代表は10月28日から1週間、2019年9月中旬に9日間程度の計2回、事前キャンプを行う。7人制代表は女子が19年7月29日~8月3日、男子が19年8月4日~9日までと20年夏に1週間程度、それぞれキャンプを張る予定。

 同国ラグビー協会の求めに応じ、市は競技場のゴールポストの基礎増設などを進め、ヒルトンは専用トレーニング器具を約2千万円かけて導入する。また市とヒルトンは選手の移動手段や宿泊施設、食事や水などを手配し、市は宿泊費の半額を負担する。

 市は財政負担を軽減するため、法人税が約6割軽減される「企業版ふるさと納税制度」を活用する。既に市外の2社から約400万円の寄付の申し出があったという。


シェアする