1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 川崎市、10億円補正予算案 小児入院医療費助成の所得制限撤廃 9月市議会定例会に提案

川崎市、10億円補正予算案 小児入院医療費助成の所得制限撤廃 9月市議会定例会に提案

政治行政 神奈川新聞  2018年08月28日 02:00

 川崎市は27日、2018年度一般会計で総額10億2055万円の補正予算案など計46議案を9月3日開会の市議会第3回定例会に提案すると発表した。内訳は条例11件、事件8件、補正予算8件、決算など19件。

 条例案では、小児医療費助成制度の入院助成について、19年1月から、1歳から中学生までの所得制限を撤廃するため、条例案を一部改正する。これに伴い、約2千万円(18年度分)の補正予算案を計上した。このほか、民間ブロック塀の撤去を助成する制度を開始するため約2千万円の補正予算案も盛り込んでいる。 


シェアする