1. ホーム
  2. 話題
  3. 星降る野外で映画 三浦でイベント開催へ

星降る野外で映画 三浦でイベント開催へ

話題 神奈川新聞  2018年08月27日 11:23

約2千人が来場、好評だった昨年9月の映画祭=県立城ケ島公園
約2千人が来場、好評だった昨年9月の映画祭=県立城ケ島公園

 野外で映画を楽しむイベント「星降る町の映画祭 with CINEMA CARAVAN」が9月29、30の両日、三浦市・城ケ島の県立城ケ島公園で開かれる。広場に設けられた大型スクリーンで、全編を市内で撮影したものなど「三浦色」を前面に出した作品を上映。主催する実行委員会は「作品を通じ、三浦の魅力を知ってほしい」と来場を呼び掛けている。

 当日は、海が一望できるピクニック広場に、220インチのスクリーンを設置。イベントのために製作された「青い、森」「さかな」「Play with the Earth」の短編映画計3作品を上映する。

 全編を市内で撮影した神徳(しんとく)幸治監督の「さかな」は、高校時代に水泳部だった若者が旧友との出会いなどを通じ、再び自分の夢と向き合うというストーリー。同公園や京急線三崎口駅、三崎港前の複合施設「うらり」などを舞台に描く。

 また実行委員長も務める写真家・志津野雷(らい)さん(42)が手掛けたロードムービー「Play with the Earth」には、志津野さんが撮影した城ケ島での漁や島内で5年ぶりに執り行われた例大祭のシーンが使われている。上映中に音楽ライブも行うという。

 会場に席は設けず、観客は芝生に座るなどして観賞する。監督によるトークセッションや出演俳優の舞台あいさつが行われ、地元の飲食店なども出店する。

 イベントは日本映画や地域を盛り上げるため、実行委が昨年9月、城ケ島で初めて開催。1日だけだったが、約2千人が来場したため、期間を2日に延ばした。

 総合演出は、逗子市内でカフェ「シネマアミーゴ」を運営し、国内外で移動映画館を展開するアーティスト集団「CINEMA CARAVAN」が担う。

 両日とも午前11時から午後10時までで、上映は午後6時半から。入場無料。荒天中止。問い合わせは、シネマアミーゴ電話046(873)5643。


シェアする