1. ホーム
  2. 高校野球
  3. 智弁和歌山・高嶋監督が退任 東海大相模・門馬監督「残念」

智弁和歌山・高嶋監督が退任 東海大相模・門馬監督「残念」

高校野球 神奈川新聞  2018年08月26日 02:00

今春の選抜大会準決勝で、東海大相模の前に立ちはだかった智弁和歌山 =4月3日、甲子園球場
今春の選抜大会準決勝で、東海大相模の前に立ちはだかった智弁和歌山 =4月3日、甲子園球場

 高校野球の甲子園大会で歴代最多監督勝利数の68勝を挙げている智弁和歌山の高嶋仁監督(72)が25日、和歌山市内の同校で記者会見し「いずれ辞める時が来ると思っていた。もうぼちぼちということ」と退任を発表した。24日付で名誉監督に就き、後任の新監督にはプロ野球阪神などでプレーし、同校コーチだった中谷仁氏(39)が就任した。


「真の信念感じた」 東海大相模・門馬監督


 「残念ですね。もっともっと、われわれ指導者にもいろんなことを残していただきたかった」。智弁和歌山・高嶋監督の退任をそう惜しんだのは、東海大相模の門馬敬治監督(48)。今春の選抜甲子園準決勝での両校の激闘は、まだ記憶に新しい。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする