1. ホーム
  2. ベイスターズ
  3. ラミレス監督「2位浮上」宣言 ベイ、上位陣と3連戦

ラミレス監督「2位浮上」宣言 ベイ、上位陣と3連戦

ベイスターズ 神奈川新聞  2018年08月21日 02:00

1軍に合流し、今永(右)らとともに調整する横浜DeNA・井納=横浜スタジアム
1軍に合流し、今永(右)らとともに調整する横浜DeNA・井納=横浜スタジアム

 3年連続のクライマックスシリーズ出場だけは譲れない-。46勝58敗2分けで5位に沈むベイスターズは、21日から3位巨人、24日から2位ヤクルトとそれぞれ3連戦を迎える。残り37試合。就任3年目で最多の借金12を抱えたラミレス監督は「われわれのいるべき位置はここではない。目標は2位」と宣言。今はどん底だが、ここから浮上していくだけだ。

投手陣


1軍に合流し、今永(右)らとともに調整する横浜DeNA・井納=横浜スタジアム
1軍に合流し、今永(右)らとともに調整する横浜DeNA・井納=横浜スタジアム

 前カードの広島戦がチームの現状を象徴していた。初戦で3本のアーチで劇的な逆転勝利を飾り、1年前の3夜連続サヨナラ勝ちの再現かと盛り上がったものの、その後は尻すぼみで2連敗に終わった。首位とのゲーム差は16・5だ。

 「やっぱり先発。試合をつくることが全ての前提」。青山ヘッドコーチは実感を込めた。初戦で新人東が序盤3イニングをゼロに抑え、中盤に崩れたが7回4失点。一方で3戦目は今永が初回に4点を失い、四回途中7失点で降板した。

 先発陣の防御率は一昨年と昨年はともに3・76だが、今シーズンは4・61まで悪化。5ゲーム差の3位巨人、5・5ゲーム差の2位ヤクルトに追いすがるためには、改善が不可欠だ。

 負けが先行するヤクルト戦では7試合で先制を許しており、そのうち5試合を落とした。巨人戦で挙げた9勝の全試合で先制点を奪っている。「展開によって起用する救援陣も顔ぶれが変わる。終盤に追い上げることも大事だけど、序盤の展開が大きい」とは青山コーチ。「勝ちパターン」を何度描けるかが鍵になる。20日の1軍練習に合流した井納は「長い回を投げることより、まずは目の前の先頭打者を抑える」と意気込みを語った。

野手陣


ソト(共同)
ソト(共同)

 リーグ2位の128本塁打を記録しながら、得点は同5位(421点)にとどまる。上位との激しいせめぎ合いで一層求められるのが「打線のつながりと先制点」(小川打撃コーチ)だ。

 昨季リーグ2位だった得点圏打率(2割7分2厘)は、最下位の2割5分4厘まで下落。昨季終盤に中軸の打順を入れ替えたように、カンフル剤となる選手を中心にオーダーを組むのも手だ。

 後半戦は主に2、6番に座る好調のソト、先月下旬から5番に固定されている宮崎が共に“上位たたき”の原動力として期待できる。

 ソトはヤクルト戦で打率4割をはじめ、巨人戦も3割3分3厘、阪神戦では3割4分をマーク。宮崎も133安打はリーグトップ、得点圏打率3割3分はチーム内で断トツを誇り、巨人戦も3割9分4厘と相性がいい。



シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 複数の女子高生と同時に性行為 男を逮捕

  8. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  9. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  10. 【写真特集】台風15号の被害状況