1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 【陸上女子四種競技】安井(東野)県中学新記録で優勝 全国中学大会

【陸上女子四種競技】安井(東野)県中学新記録で優勝 全国中学大会

スポーツ 神奈川新聞  2018年08月21日 02:00

 全国中学校大会第4日は20日、岡山県のシティライトスタジアムなどで行われ、陸上の女子四種競技で安井麻里花(東野)が県中学新記録の3069点をマークして優勝した。

いつも通り体動いた


 陸上の女子四種競技は安井(東野)が初優勝。出場選手で唯一の3千点台に乗せて県中学記録も更新し「ずっと目標にしていた記録。いろんな人の支えのおかげ」と感謝しきりだった。

 昨年は18位だった舞台で「今年は会場の雰囲気にのまれず、いつも通りに体が動いた」と、走り高跳びでは自己ベストを2センチ上回る1メートル63をマークし、200メートルと合わせて2種目で全体トップのスコアを稼いだ。

 次のターゲットは10月の県総体。「日本中学新(3172点)を狙います」と、まだまだ進化し続ける。 (岡山)


シェアする