1. ホーム
  2. 話題
  3. 愛川町の内陸工業団地で勤労祭開催 19日、サンバも

愛川町の内陸工業団地で勤労祭開催 19日、サンバも

話題 神奈川新聞  2018年08月18日 10:59

昨年のサンバーカーニバルの様子(同町提供)
昨年のサンバーカーニバルの様子(同町提供)

 共に働く喜びなどを祝う「愛川町勤労祭野外フェスティバル」が19日、県内陸工業団地(愛川町、厚木市)で開かれる。団地内街路の一部を歩行者天国にし、ステージイベントや模擬店、恒例のサンバカーニバルなどが行われる。フィナーレには花火も打ち上げられる予定。同町と実行委員会の主催。

 製造業中心に多くの企業が進出し、県内有数規模を誇る同工業団地。そこで働く外国籍住民も多く、国際色を多く採用しているのも同フェスティバルの大きな特長だ。35回目となる今年は規模を拡大し、いずれも同町中津の中津太田~内陸中3丁目の交差点間約640メートルを会場に活用する。

 ステージでは和太鼓演奏やフラダンスなど多彩なプログラムを組み、終盤の午後6時10分からサンバカーニバルを予定。会場内では地酒の試飲・販売や組ひも作り体験といったテントイベントほか、各国グルメが味わえる「国際交流屋台村」やアユ・マスの塩焼きなど多くの模擬店も並ぶ。

 午後2~7時。問い合わせは、同町役場電話046(285)2111。


シェアする