1. ホーム
  2. 話題
  3. プロレス「ノア」川崎でフェスティバル 興行や教室も

プロレス「ノア」川崎でフェスティバル 興行や教室も

話題 神奈川新聞  2018年08月16日 11:02

「プロレスリング・ノア×川崎フェスティバル2018」をPRする大原さん
「プロレスリング・ノア×川崎フェスティバル2018」をPRする大原さん

 川崎市立橘高校の定時制(中原区)に通うプロレスラー大原はじめさん(34)が所属する「プロレスリング・ノア」が18日、同市川崎区富士見のカルッツかわさきで「川崎フェスティバル2018」を開催する。市スポーツ協会創立70周年記念と銘打って行われ、主催者はプロレスをはじめ、さまざまな日本の文化やスポーツに触れ、楽しんでほしいと、来場者に呼び掛けている。

 第1部では中原区を拠点に活動する日本舞踊の「日舞扇乃会」や、「SELF高津レスリングチーム」のメンバーらが日頃の成果をリング上で披露。即席のプロレス教室も開く予定だ。第2部ではノアの屈強なレスラーが熱戦を繰り広げる。

 川崎育ちの大原さんは「子どもからお年寄りまで、夏の楽しい思い出をつくってほしい。リングの感触も味わってもらえたら」と期待している。

 第1部は入場無料で、午後1時スタート(開場は同0時半)。第2部は同3時半から。チケット料金は座席の種類ごとに異なり、4千~8千円。今回は65歳以上や高校生以下の入場は無料で、市内に在住・在学・在勤者向けに特別価格の「市民シート」(3千円)も用意した。問い合わせは、プロレスリング・ノア電話03(6261)6888。


シェアする