1. ホーム
  2. 高校野球
  3. 【甲子園】ジンクス破った横浜の投手起用 大量点呼び込む

【甲子園】ジンクス破った横浜の投手起用 大量点呼び込む

高校野球 神奈川新聞  2018年08月15日 02:00

甲子園初先発
左腕及川 大きな勝利


6回1/3を投げて8三振4失点で勝利へと導いた横浜・及川=甲子園
6回1/3を投げて8三振4失点で勝利へと導いた横浜・及川=甲子園

 及川の調子は決して良くなかった。七回途中までを投げ4失点し、暴投も2つあった。それでも2年生にして150キロ超を投げる逸材が、前年優勝チームを相手に、甲子園初先発で勝利したという事実は、全てに勝る。

 同点に追い付いた直後の三回だった。先頭から連打を許すと、次は2球続けてワンバウンドと落ち着かない。何とか3番は中飛に打ち取り一息ついたところで、高校通算57本塁打、プロ注目のスラッガー野村を迎えた。

 この正念場で見せたのが、名門の系譜を受け継ぐ王道の投球だった。高めの直球を続けて追い込むと、最後はスライダーで空振り三振に仕留めた。荒れかけたマウンドを静め、直後の味方の大量得点を呼び込んだ。

 昨秋の県大会、今春の関東大会では打ち込まれ、コールド負けを招いていた。「自分のピッチングでみんなに迷惑をかけることが多かった。今日は踏ん張れた」。8三振のうち、5つを窮地で奪ったのが、何よりの成長の証しだった。

 平田徹監督(35)は過去2年、甲子園での強豪との大一番に2番手の投手を先発させ、敗れていた。前回王者との対戦に三度(みたび)、背番号10を立たせたのは「相手打線を見て板川より及川が効果的」という強い信念があったから。過去の苦い記憶をも払拭(ふっしょく)する、熱投だった。

 ただ本人の満足度は低い。「フォームを固めて投げられていないし、監督の期待にも先発の役割も応えていない」。中盤に許した2本塁打を含め反省ばかりが口を突く。

 「プロに行くための近道として横浜に来た」と常々語るサウスポーにとって、自分の投球はこんなものではない、ということだろう。

黒須「魔物」振り払う
最終回ピンチ 気持ち前面に

 横浜が、「甲子園の魔物」に飲み込まれようとしていた。


9回、最後の打者を三振に打ち取り、雄たけびをあげる横浜・黒須=甲子園
9回、最後の打者を三振に打ち取り、雄たけびをあげる横浜・黒須=甲子園

 4点リードで迎えた最終回の守りだ。3番手黒須の制球が突如乱れ、塁がどんどん埋まっていく。3死四球で満塁とすると、打ち取ったはずの当たりが適時内野安打となり、3点差、さらに押し出し死球で2点差…。

 大逆転を期待する手拍子が広がっていき、その時にはもう、球場全体を包み込んでいた。背番号11の足は震えていた。「それが徳栄の応援なのかもわからなかった」

 何とか2死までこぎ着けたが、なお満塁。しかもフルカウント。押し出せば1点差、一打出れば同点、長打でサヨナラだ。外角低めに外れた真っすぐを、「迷うな、フルスイングでいけ」と花咲徳栄ベンチから送り出されていた1年生強打者が振ってくれた。

 「バッターに気持ちで負けたらだめだと、腕を振ったのがよかった」

 三塁側に大きく踏み出す特徴的な投げ方。唯一の変則右腕として、対右打者のワンポイントや終盤のリリーフが主戦場だ。「最高の場所で最高の課題が見つかった」。まだ2年生。「魔物」から逃げ切った経験は、火消しに不可欠な強心臓につながるはずだ。


シェアする