1. ホーム
  2. 話題
  3. 南極観測船「しらせ」を公開へ 横浜・大さん橋

南極観測船「しらせ」を公開へ 横浜・大さん橋

話題 神奈川新聞  2018年08月14日 10:01

大さん橋で公開された「しらせ」(奥)と「きりしま」=2009年7月25日、横浜市中区
大さん橋で公開された「しらせ」(奥)と「きりしま」=2009年7月25日、横浜市中区

 海上自衛隊の南極観測船(砕氷艦)「しらせ」(1万2650トン)が9月1、2の両日、横浜港大さん橋国際客船ターミナル(横浜市中区)で一般公開される。入場無料。

 総合訓練の一環で8月31日に横須賀から入港。9月3日に北海道・苫小牧へ出港する予定。

 しらせは、南極観測船としては「宗谷」「ふじ」「しらせ(初代)」に続き4代目。全長138メートル、幅28メートル。2009年5月に横須賀地方隊所属艦として就役した。横浜港の初入港は同年7月、イージス護衛艦「きりしま」(7250トン)と同時着岸した。

 公開時間は1、2日とも午前10時から午後3時まで。事前予約不要。問い合わせは、自衛隊神奈川地方協力本部渉外広報室電話045(662)9476。


シェアする