1. ホーム
  2. 社会
  3. 親子で考える平和 8月下旬まで逗子で催し

親子で考える平和 8月下旬まで逗子で催し

社会 神奈川新聞  2018年08月09日 11:19

 平和の尊さについて親子で考える催しが今月下旬まで、逗子市内で相次いで開かれる。コンサートや講演会、映画の上映を通し、戦争の悲惨さや命の大切さを訴える。

 市民らでつくる実行委員会と市が共催し、3日の朗読劇から始まった「ずし平和デー」の一環。

 18日には、ミュージシャン・原田真二さんらをゲストに迎え、観客も参加できるダンスや歌を楽しむコンサートが開かれる。

 25日には、ノーベル平和賞を受賞した核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)の川崎哲・国際運営委員が講演し、原爆が投下された広島を舞台にしたアニメ映画も上映する。

 また27日には、特攻隊に所属し、17歳で命を散らした若者のめいがイラストを交え、その生涯を語るイベントも開かれる。

 市は「多くの世代に、平和に思いをはせるきっかけにしてほしい」と来場を呼び掛けている。

 会場はいずれも逗子文化プラザホール(同市逗子)。企画の詳細や問い合わせは、市市民協働課電話0468(73)1111。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. ダム緊急放流、水位調節は実施されず 国交省、対応調査へ

  2. 【写真特集】台風19号 神奈川各地の状況

  3. 【台風19号】記録的豪雨の箱根、被害甚大 芦ノ湖が増水

  4. 【台風19号】のり面崩壊、PAにも被害 西湘バイパス

  5. 電通局長を現行犯逮捕 ラグビー観戦後、警備員殴った容疑

  6. 【台風19号】箱根、深い爪痕 続く運休、芦ノ湖水位上昇

  7. ハマスタで長男投げつけた阪神ファン、書類送検

  8. 【台風19号】川に転落の男性、遺体で発見

  9. 【台風19号】浸水、水没、横転… 相模川沿岸、被害多発

  10. 【台風19号】横浜港でも被害 海づり施設、氷川丸デッキ