1. ホーム
  2. 経済
  3. 新設した焙煎工場の内部を公開 サントリー、海老名で

新設した焙煎工場の内部を公開 サントリー、海老名で

経済 神奈川新聞  2018年08月07日 13:58

焙煎後のコーヒー豆を空気で冷やす工程=海老名市中新田
焙煎後のコーヒー豆を空気で冷やす工程=海老名市中新田

 清涼飲料大手のサントリー食品インターナショナルは7日、海老名市に新設したコーヒー豆の焙煎工場(同市中新田)の内部を報道陣に公開した。主力コーヒーブランド「BOSS(ボス)」の生産能力増強や品質向上を図るなどの目的の施設。敷地内にボスの試飲などができる体験型セミナールームも併設し、不定期のイベントで一般公開していく考え。


サントリーコーヒーロースタリーの海老名工場の外観=海老名市中新田
サントリーコーヒーロースタリーの海老名工場の外観=海老名市中新田

 新たな工場は、コーヒー豆の焙煎加工・販売、コーヒー飲料の開発などを手掛けるグループ会社の「サントリーコーヒーロースタリー」(同)が運営する「海老名工場」。工場自体は6月下旬から操業していたといい、7月に稼働が本格化したのに合わせ、内部を公開した。


歴代の「ボス」商品が並ぶ体験型セミナールーム。今後、不定期で一般公開も予定する=海老名市中新田
歴代の「ボス」商品が並ぶ体験型セミナールーム。今後、不定期で一般公開も予定する=海老名市中新田

 体験型セミナールームは「ボス クラフトマンズルーム」と題し、ボスの品質へのこだわりなどを広く伝えていく。


サントリーコーヒーロースタリーの海老名工場の高機能焙煎機=海老名市中新田
サントリーコーヒーロースタリーの海老名工場の高機能焙煎機=海老名市中新田

7日に内部が公開されたサントリーコーヒーロースタリーの海老名工場=海老名市中新田
7日に内部が公開されたサントリーコーヒーロースタリーの海老名工場=海老名市中新田

シェアする