1. ホーム
  2. 話題
  3. 食品の安全、安心を守る 横浜市衛生研究所が一般公開

食品の安全、安心を守る 横浜市衛生研究所が一般公開

話題 神奈川新聞  2018年08月05日 02:00

職員から検査に使う機械の説明を受ける高校生=横浜市金沢区
職員から検査に使う機械の説明を受ける高校生=横浜市金沢区

 市民に施設への理解を深めてもらおうと、横浜市衛生研究所(同市金沢区)は4日、研究所施設の一般公開を行った。同市健康福祉局が企画する毎年恒例のイベントで、家族連れなど265人が訪れた。

 来場者は、食品のにおい成分をかいで当てるなどの体験型ゲームで学んだり、検査で使う器具や機械などについて職員から説明を受けたりしながら、楽しんで見学した。

 同研究所はウイルスや細菌、放射線の検査や、農産物や魚などの食品に含まれる成分の検出など、市民の健康・安全・安心に関わる業務を行っている。精度管理・企画担当課長(63)は、「普段の仕事を知ってもらうことで地域に開かれた施設にしていきたい」と力を込めた。

 藤沢市などから訪れた高校2年の生徒は、「理系志望なので、研究で使う機械に触れることができ向上心が高まった」と笑顔を見せた。


シェアする