1. ホーム
  2. 社会
  3. 【台風12号】湯河原で海の家12軒全壊、警備の小屋も

【台風12号】湯河原で海の家12軒全壊、警備の小屋も

社会 神奈川新聞  2018年07月30日 21:41

海の家に使われていた柱や鉄骨などなどを集めトラックに積み込む撤去作業=30日午後、湯河原海水浴場
海の家に使われていた柱や鉄骨などなどを集めトラックに積み込む撤去作業=30日午後、湯河原海水浴場

 台風12号の高波や高潮で、湯河原海水浴場(湯河原町吉浜)に建てられた海の家12棟と警備本部の小屋が全壊し、経営者らが30日も朝から、がれきの撤去作業に追われた。原形をほぼとどめていない壊滅的な状況に、今夏の再開を断念する経営者もいる。

 木材や鉄骨、破損したデッキチェアやテーブル…。重機で海岸の一角に運ばれ、積み上げられるがれき。流されず、砂浜に取り残された冷蔵庫やコンロもある。

 町観光課によると、同海水浴場には昨年、11万4千人が来場。今年は14日に海開きをしたばかりで、12軒は海沿いを走る有料道路「真鶴道路」の高架下付近で営業していた。

 海の家の男性経営者(70)は28日午後7時半ごろ、仲間からの連絡で、慌てて海岸に駆け付けた。「午後6時まで波は大したことがなかったが、戻ったら真鶴道路の50センチ下まで波が押し寄せていた」と男性。今後再び台風が来る可能性を考慮し、今夏の営業を断念したという。


台風12号の高波や高潮で、湯河原海水浴場(湯河原町吉浜)では海の家12軒などが壊滅的な被害を受けた。重機などを使い、がれきの撤去作業に追われている=30日午後
台風12号の高波や高潮で、湯河原海水浴場(湯河原町吉浜)では海の家12軒などが壊滅的な被害を受けた。重機などを使い、がれきの撤去作業に追われている=30日午後

 一方、別の海の家の女性経営者(73)は、規模を縮小して営業を再開するつもりだ。「皿1枚も残っていない。この場所で47年間営業しているがこんなのは初めて。でも再開の準備をしていますよ」と気丈に語った。


高波に流されず、砂浜に残った冷蔵庫やコンロ=30日午後、湯河原海水浴場
高波に流されず、砂浜に残った冷蔵庫やコンロ=30日午後、湯河原海水浴場

 町は8月2、3の両日に開かれる「やっさまつり」に合わせて海水浴場を再開させるため、一両日中にがれきの撤去を終え、海中や砂浜の安全も確認したい考えだ。一方で、海の家再建には200~300万円掛かる上、保健所の許可を取り直す必要があるなど、営業再開にはいくつもの困難が伴うという。


例年の、海の家の様子=海の家「青空」提供
例年の、海の家の様子=海の家「青空」提供

シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会