1. ホーム
  2. 時代の正体
  3. 〈時代の正体〉やまゆり園事件と強制不妊手術【中】身勝手「善意」の暴走

〈時代の正体〉やまゆり園事件と強制不妊手術【中】身勝手「善意」の暴走

時代の正体 神奈川新聞  2018年07月27日 02:00

【やまゆり園事件取材班=川島秀宜、石川泰大】津久井やまゆり園(相模原市)で入所者19人が殺害された事件から2年。起訴された植松聖被告(28)は、なおも命の優劣に偏執する。旧優生保護法(1948-96年)に基づく強制不妊手術の証言を引き、事件に潜む優生思想と向き合う。3回連載の2回目。 〈私を含め...

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする