1. ホーム
  2. 話題
  3. 港彩るハロウィーン 船上ディスコや特別料理

港彩るハロウィーン 船上ディスコや特別料理

話題 神奈川新聞  2016年10月27日 02:00

ロイヤルウイングの船内で仮装を楽しむ昨年の参加者 (ロイヤルウイング提供)
ロイヤルウイングの船内で仮装を楽しむ昨年の参加者 (ロイヤルウイング提供)

 横浜港周辺でハロウィーンにちなんだ多彩なイベントが企画されている。横浜港大さん橋国際客船ターミナル(横浜市中区)では「和」をテーマにした衣装で楽しむ「横濱的ハイカラハロウィン」が29~31日に開かれるなど、子どもから大人まで楽しめる内容がめじろ押しだ。

 同ターミナルから港内を周航するレストラン船「ロイヤルウイング」では29、30の両日、仮装した人限定の立食パーティーを午後7時半出航のディナークルーズで催す。合言葉「トリック・オア・トリート」で子どもたちに菓子をプレゼントする。また特別コース料理を31日まで、ランチとディナーで展開している。

 一方、大人向けの船上ディスコパーティーを開くのは山下公園を発着場にする観光船「マリーンシャトル」。FMヨコハマのDJ栗原治久さんがプロデュースし、28日午後7時からディスコがスタート。運航するポートサービス(同区)は「一夜限りのプレミアムナイトを仮装で楽しもう」と呼び掛けている。

 同公園前に係留・保存されている日本郵船氷川丸は30日、仮装した人の入館料を無料にする。同公園そばの横浜マリンタワーや横浜人形の家をはじめ、山手地区の計14施設でも同日、「横浜山手西洋館 ハロウィンウォーク」を開催。仮装をして各施設でスタンプを集めるとプレゼントがもらえる。


シェアする