1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 「ここまで暑いと殺人的猛暑」 知事、対策を検討

「ここまで暑いと殺人的猛暑」 知事、対策を検討

政治行政 神奈川新聞  2018年07月25日 19:54

黒岩祐治知事(資料写真)
黒岩祐治知事(資料写真)

 「正直、ここまでとは…殺人的猛暑だ」。黒岩祐治知事は24日の定例会見でこう述べ、連日の記録的な暑さへの対策を検討する意向を明らかにした。2年後に迫る東京五輪も「大変過酷な条件になることは間違いない」とし、各競技会場での選手や観戦客の熱中症対策の必要性を強調した。

 知事は高校野球が開催されている現状を踏まえ、猛暑について「そんなに深刻に考えていなかった」と説明。県が取り組む対策はクーラーの活用や水分補給といった熱中症予防の注意喚起とし、政府が検討を始めた小中学校のエアコン設置を支援する補助制度や夏休み期間の延長などに関しては、「教育委員会と相談してみたい」と述べた。

 一方、藤沢・江の島で開催される五輪のセーリング競技については「海だからスタジアムとは少し違う」としながらも、猛暑対策は必要との認識を示した。


シェアする