1. ホーム
  2. カルチャー
  3. 地域の魅力七五調で 「横須賀カルタ」28日に発売

地域の魅力七五調で 「横須賀カルタ」28日に発売

カルチャー 神奈川新聞  2018年07月24日 09:45

絵札や読み札を手に、「横須賀カルタ」をPRする齋藤さん =横須賀市内
絵札や読み札を手に、「横須賀カルタ」をPRする齋藤さん =横須賀市内

 横須賀の文化や歴史を七五調で紹介した「横須賀カルタ」が28日、発売される。くだけた表現の読み札などが特徴。中心になって制作した居酒屋店主の齋藤秀一さん(53)は「かるたをきっかけに全国から横須賀に足を運んでほしい」と話している。

 読み札は46句。横須賀市ハイランドを題材にした「ハイランド 日本で初めて カタカナ名」や、旧海軍や海上自衛隊の習慣を詠んだ「金曜日 海の上では カレーの日」など、地名や独特の文化、ゆかりの偉人やファッションなど、バラエティー豊かに地域を取り上げた。

 裏面には、題材にまつわる豆知識も盛り込んだ。例えばJR田浦駅を詠んだ「え!びっくり! トンネルの中じゃん 田浦駅」。裏面に「JR田浦駅はホームの長さが現在の電車車両数に足りず、停車時は一部車両がトンネルの中で停車する全国的にも珍しい駅」と添えた。

 カルタは女子大学生が地域活性化を目的に発案。齋藤さんら市民有志が制作に協力した。

 1部1500円(税込み)。28日は商業施設「リドレ横須賀」(同市大滝町)で開かれるイベント「街市」で販売。日頃は齋藤さんの営む居酒屋「やきとり竜馬におまかせ」(同市日の出町)などで販売する。問い合わせは、同店電話046(825)8727。


シェアする