1. ホーム
  2. 高校野球
  3. 慶応の2年生、5打点の活躍 高校野球北神奈川大会4回戦

慶応14-5秦野総合
慶応の2年生、5打点の活躍 高校野球北神奈川大会4回戦

高校野球 神奈川新聞  2018年07月22日 23:52

【秦野総合-慶応】4回表慶応1死二、三塁。吉川が右前に2点適時打を放つ =サーティーフォー保土ケ谷球場
【秦野総合-慶応】4回表慶応1死二、三塁。吉川が右前に2点適時打を放つ =サーティーフォー保土ケ谷球場

▽4回戦(サーティーフォー保土ケ谷)
慶応
520 301 3|14
050 000 0|5
秦野総合
(7回コールド)

【評】慶応が13安打14得点でねじ伏せた。初回に下山の適時二塁打などで5点を先制し、二回には宮尾のタイムリーなどで2点を追加。7番吉川が2安打5打点と活躍した。秦野総合は二回に相手先発の乱れから5点を奪う集中攻撃をみせたが、以降は2安打に抑えられた。

【慶応-秦野総合】フォトギャラリー

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする