1. ホーム
  2. 社会
  3. 「今は湘南の海に来ないで」 感染鈍化も終息見えず

新型コロナ
「今は湘南の海に来ないで」 感染鈍化も終息見えず

社会 神奈川新聞  2020年04月22日 05:00

緊急事態2週間
黒岩知事、自粛疲れ懸念


七里ケ浜海岸近くは車や人々の往来が多く見られた=19日午後5時ごろ、鎌倉市内
七里ケ浜海岸近くは車や人々の往来が多く見られた=19日午後5時ごろ、鎌倉市内

 神奈川など7都府県に新型コロナウイルス特措法に基づく緊急事態宣言が発令され、21日で2週間が過ぎた。県内は外出自粛や休業の要請で人出はある程度抑えられ、感染者数の伸びは鈍化しているものの、依然として終息の気配は見られない。黒岩祐治知事は自粛疲れを懸念しながらも、「気持ちを緩めないで」と呼び掛けている。

 「この2週間で皆さんがかなり外出自粛要請に応えてくれた。患者数の割に重症者や死亡者が爆発的に増えてはいない。今すぐ医療崩壊という感じではない」

 知事は21日、外出自粛の効果とともに、最前線に立つ医療従事者の奮闘で感染爆発の事態が抑えられていることを強調した。

 県の人口流動分析によると緊急事態宣言後、横浜、川崎駅周辺は50%前後減少した一方、藤沢・江の島周辺は微減にとどまっている。知事はこうした状況に「今は湘南の海に来ないで。我慢して」と呼び掛けた。

◆推移

 県内では1月16日に初めて感染確認が発表され、3月下旬から急増。4月11日に1日当たり最多の76人を記録して以降はやや鈍化傾向にあるものの、累計感染者数は800人を超えた。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする