1. ホーム
  2. 社会
  3. 小学生の折り鶴、平和式典会場へ

小学生の折り鶴、平和式典会場へ

社会 神奈川新聞  2018年07月20日 02:00

加藤市長に千羽鶴を手渡した児童たち=南足柄市役所、2018年7月18日撮影
加藤市長に千羽鶴を手渡した児童たち=南足柄市役所、2018年7月18日撮影

 南足柄市立の3小学校(南足柄、岩原、岡本)の代表児童13人が18日、恒久平和への思いを込めた折り鶴計3千羽を持参して市役所を訪れた。73年前に原爆が投下された広島、長崎の両市に送られ、両市で8月6、9日にある平和祈念式典の会場に飾られるという。

 小学校での折り鶴作りが始まったのは、およそ30年前。戦争の悲惨さ、愚かさなどを子どもたちに知ってもらおうと毎年行われている。

 歴史を学び、運営委員長として全校児童に協力を呼び掛けた岡本小6年の志村翼君(12)は「原爆や戦争で人を殺さないよう願いながら一枚一枚折りました」と話す。手渡された加藤修平市長は「鶴を折ることで過去の歴史を忘れず、思いをつないでいくことができる。皆さんの温かい思いを広島、長崎へ届けます」と約束した。

 南足柄市は1985年に核兵器廃絶平和都市宣言を採択。小学校での折り鶴作りと並行して、市内の各公共施設に折り紙を置き、利用者にも作ってもらっている。児童の千羽鶴と合わせて、今年は広島、長崎へ計4万羽を送るという。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 三浦半島で停電相次ぐ

  2. 台風の波が掘り返す? 横浜・山下公園の海底から銃弾 

  3. 「ホームレス襲撃」と命の重さ 横浜で22日上映会

  4. 進む入居者間連携 「湘南アイパーク」開所1年半

  5. 高校野球秋季関東大会 東海大相模、来春のセンバツ確実に

  6. 県立6施設22日に無料公開 即位礼正殿の儀を慶祝

  7. 【台風19号】相模原の住宅被害116棟 夫婦捜索に全力

  8. 高校野球秋季関東大会 桐光、準決勝進出を逃す

  9. ラグビーW杯 「松島、ここからが勝負」恩師のエール

  10. 知的障害の15歳少女を誘拐、藤沢市内で 29歳の男逮捕