1. ホーム
  2. カルチャー
  3. 広島カープ黒田博樹 電撃引退表明にあった亡き母との約束

女性自身
広島カープ黒田博樹 電撃引退表明にあった亡き母との約束

カルチャー 神奈川新聞  2016年10月26日 10:08

広島カープ黒田博樹 電撃引退表明にあった亡き母との約束(写真:女性自身)
広島カープ黒田博樹 電撃引退表明にあった亡き母との約束(写真:女性自身)

今シーズン限りで引退することを表明した広島カープの黒田博樹投手(41)。
 
08年に広島からメジャーに挑戦し、5年連続二桁勝利の活躍。昨年にはメジャー球団から受けた年俸20億円のオファーを蹴って、広島へ復帰。お金よりファンを選んだ彼の“男気”は絶賛された。そして復帰2年目の今シーズンは若手投手陣を引っ張って見事、25年ぶりのリーグ優勝を達成。「次は日本一に挑戦!」というなかでの引退表明だけに衝撃が走った。
 
なぜ、いまなのか。その背景には亡き母・靖子さんとのある約束があった。幼少期は大阪市で暮らしていたという黒田。当時を知る地元住民はこう振り返る。
 
「お母さんは高校で体育を教えていて、若いころは砲丸投げでオリンピックの代表候補に選ばれたほど運動神経抜群。博樹くんがお腹にいるときも『腹筋を鍛える』と言って、椅子に座った状態で脚を浮かせながら編み物をしていました。背が高いし、料理上手。性格もさっぱりしていて、みんなの憧れの的でした」
 
平日は高校勤務、土日は夫が営むスポーツ用品店の店番。子育てをしながら、休む間もなく働いていた靖子さん。そんな母が感情を露わにしたことがあったという。
 
「黒田投手は野球名門高校に進学するも、控え止まり。唯一推薦入学のオファーがあった大学は、同好会に近いレベルでした。それでも彼は『楽しく野球ができればいい』と、推薦を受けるつもりでお母さんに相談したそうです。でも返って来た答えは『頼むから家を出ていって』というものでした」(スポーツ紙記者)
 
そこには、息子を信じる母の思いがあったという。
 
「お母さんは『やるなら全力でやること。中途半端なら即やめてしまいなさい』と言っていました。高校ではケガ続きで控えにいた博樹くんの可能性を信じていたからこそ、あえて叱咤激励したのでしょうね」(前出・近所の住民)
 
そんな母の言葉に奮起し、専修大学へ進学した黒田。そこで投手として頭角を現し、広島カープへの入団を果たした。だが入団6年目の02年。彼がまだエースとして活躍する前に、靖子さんはがんのため天国へと旅立ってしまった。
 
その後も母に届けるかのように全力投球を続けてきた黒田。先発して最後まで投げ切るスタイルを貫いた彼は、いつしか“ミスター完投”と呼ばれるようになっていた。
 
「9回を1人で投げきれない体になってしまった」
 
黒田は引退の理由をそう語った。惜しまれながらの見事な引き際は、亡き母の教えのたまものだった――。【女性自身】

「カナロコ」は、読者に幅広いコンテンツを提供するため女性週刊誌「女性自身」との提携を開始しました。女性誌の視点からみた政治や経済。関心が高い教育、そしてグルメ、芸能まで多岐にわたり情報を配信していきます。

【関連記事】
広島ナインたちに響いた黒田博樹の魂「耐雪梅花麗」のパワー
黒田「21億円捨て広島復帰」決めた広島土砂災害の現場
黄金期を作った「古葉元監督」が語る「巨人にはない広島魂」



シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会