1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 参院定数6増、自民・小泉氏は造反せず 「国会改革の機運期待」

参院定数6増、自民・小泉氏は造反せず 「国会改革の機運期待」

政治行政 神奈川新聞  2018年07月19日 09:08

小泉進次郎氏
小泉進次郎氏

 改正公選法の採決が行われた18日の衆院本会議では、自民党の会合で参院の定数増を問題視していた小泉進次郎氏(衆院11区)の動向が注目されたが、造反することなく賛成票を投じた。小泉氏は記者団に対して「議院内閣制の中で党の決定と個人の思いとの葛藤は常にある」としつつ、「あらためて国会を変えなければいけないという思いを込めた賛成だ」と述べた。

 改正案を巡り、「なぜこういう選挙制度改革になってしまうのかは、衆参の在り方や二院制の在り方に根本から向き合ってこなかったことが一因」と指摘。「国会改革の機運につながっていくことを期待したい」と語った。

 小泉氏は法案提出前の6月、参院選の「1票の格差」是正を議論する党の会合で党幹部らに対し、「国民にどう映るか心配だ」などと改正案に疑問を呈していた。


シェアする