1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 「権力ぼけ」自民を批判 無所属の会・本村氏

「権力ぼけ」自民を批判 無所属の会・本村氏

政治行政 神奈川新聞  2018年07月19日 02:00

本村賢太郎氏
本村賢太郎氏

 衆院会派「無所属の会」の本村賢太郎氏(比例南関東)が18日、改正公選法を採決した衆院本会議で反対討論に立ち、「自民党の自民党による自民党のための改悪」と批判した。

 本村氏は消費税の再増税を来年に控える中、参院の定数を6増やす改正案を「国会がより厳しく自らを律することが求められている中、定数増という耳を疑う提案だ」と強調。「特別枠」の導入で非拘束名簿式の候補者がより多い票を得ても落選する可能性があるとし、民意が反映しにくくなる恐れを指摘した。さらに、議論の進め方についても各党との合意形成の努力が見られないとして問題視。改正案を提案した自民を「まさに権力ぼけ」と切り捨てた。


シェアする