1. ホーム
  2. 社会
  3. 横浜、10日連続で真夏日に 熱中症注意呼び掛け

横浜、10日連続で真夏日に 熱中症注意呼び掛け

社会 神奈川新聞  2018年07月17日 12:10

 神奈川県内は17日も各地で気温が上昇し、横浜は10日連続の真夏日(最高気温30度以上)となった。横浜地方気象台は同日の最高気温を横浜で35度、小田原は34度と予想。高温注意情報を発表し、熱中症への注意を促している。

 気象台によると、横浜では正午までに、32.4度を記録。海老名はさらに高く、33.9度まで上昇している。

 横浜では8日以降、真夏日が続いており、14日には海老名とともに35.8度を記録。今年初の猛暑日(最高気温35度以上)となった。夜の最低気温が25度以上となる熱帯夜も増えている。


シェアする