1. ホーム
  2. 社会
  3. 住所漏えい市を提訴 遺族が賠償請求 ・逗子ストーカー殺人

住所漏えい市を提訴 遺族が賠償請求 ・逗子ストーカー殺人

社会 神奈川新聞  2016年10月25日 16:04

 逗子市で2012年、女性=当時(33)=が刺殺されたストーカー殺人事件で、市職員が調査会社の男に女性の住所を漏らしてプライバシーを侵害されたとして、女性の夫(46)が25日、市に1千万円の慰謝料を求める訴訟を横浜地裁横須賀支部に起こした。

 訴状によると、12年11月5日、元交際相手=当時(40)、自殺=から依頼を受けた調査会社の男は、女性の夫を装って電話で市納税課に住所を照会。女性は個人情報の閲覧制限を申請していたが、対応した職員は本人であることや閲覧制限の有無を確認せず、住所を知らせた。個人情報の漏えいは地方公務員法の守秘義務違反で、女性のプライバシーが著しく侵害された、などとしている。

 女性は翌6日、調査会社の男の情報を基に自宅を訪ねてきた元交際相手に刺殺された。調査会社の男は15年1月、女性の住所を市役所から不正に聞き出したとして、偽計業務妨害の罪などで執行猶予付き有罪判決を受けた。

 逗子市の平井竜一市長は「訴状が届いておらず詳細は承知していないが、内容を精査した上で誠実に対応したい」とコメントした。


シェアする