1. ホーム
  2. 時代の正体
  3. 〈時代の正体〉映画から朝鮮学校差別考える 川崎で13日、当事者と交流

〈時代の正体〉映画から朝鮮学校差別考える 川崎で13日、当事者と交流

時代の正体 神奈川新聞  2018年07月10日 12:23


「まとう」は2010年の第5回福井映画祭で短編部門のグランプリ(観客賞)を受賞した
「まとう」は2010年の第5回福井映画祭で短編部門のグランプリ(観客賞)を受賞した

【時代の正体取材班=石橋 学】朝鮮学校の置かれた現状から多文化共生のあるべき姿を考える市民講座が13日、川崎市ふれあい館(川崎区桜本)で開かれる。日本の学校と朝鮮学校に通う2人の少女の交流を描いた短編映画「まとう」を鑑賞し、朝鮮学校の教員、保護者から思いを聞く。

 まとうは朝鮮大学校出身の朴(パク)英二(ヨンイ)監督が2010年に製作した35分の作品。切り裂き事件が相次ぎ、登下校で着られなくなった朝鮮学校の女子生徒の制服チマ・チョゴリを通じて差別の現実を浮かび上がらせる。

 朝鮮学校を巡っては、高校無償化制度からの排除や補助金の打ち切りに対し、国連人種差別撤廃委員会が是正勧告するなど政府、自治体による差別政策への非難が国際的に広がっている。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする