1. ホーム
  2. 社会
  3. 食料品供給、災害備え協定 逗子市と地元スーパー

食料品供給、災害備え協定 逗子市と地元スーパー

社会 神奈川新聞  2016年10月25日 02:00

協定を結んだスズキヤの中村代表取締役(右)と平井市長=逗子市役所
協定を結んだスズキヤの中村代表取締役(右)と平井市長=逗子市役所

 逗子市は21日、大規模災害発生時に食料品の供給を受ける協定を、スーパーを展開する「スズキヤ」(同市逗子)と締結した。市内の同社スーパー2店舗の在庫から、食料や飲料水を各避難所に届ける。

 同社は1902年に市内で創業。注文を受けた商品を自宅まで配達するサービスも展開しており、災害時の供給にも対応できるという。中村洋子代表取締役は「スーパーは市民のライフライン。育った逗子のまちを守るため、できることはすべてやる覚悟」と話した。平井竜一市長は「地元の企業だからこそ迅速に対応してもらえると思う。市民の安心に大きくつながる」と期待感を示した。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 【写真特集】台風15号の被害状況

  2. 【台風15号】護岸崩壊、工場に海水 数百社被災か、横浜

  3. 【台風15号】停電続いた鎌倉で支援広がる 銭湯、無料も

  4. 【台風15号】浸水の工業団地、被災750棟か 横浜

  5. JR東海道線大磯駅で男性はねられ重体 1500人に影響

  6. 動画 【台風15号】陸上自衛隊が倒木撤去、鎌倉

  7. 【台風15号】県内の建物被害、15市町村に

  8. 今季初、インフルエンザで学級閉鎖 川崎の市立小学校

  9. 【台風15号】横浜港にも爪痕 浮きドックやシーバス漂流

  10. 160人のわいせつ画像撮影、提供か 動画販売業の男逮捕