1. ホーム
  2. 社会
  3. 【速報】神奈川西部の山沿い、7日まで大雨恐れ 気象台が注意喚起

【速報】神奈川西部の山沿い、7日まで大雨恐れ 気象台が注意喚起

社会 神奈川新聞  2018年07月05日 18:01

横浜地方気象台
横浜地方気象台

 横浜地方気象台は5日、停滞する前線などの影響で神奈川県内は西部の山沿いを中心に7日ごろにかけて大雨になる恐れがあるとの気象情報を発表した。発達した雨雲が断続的にかかるためで、土砂災害や河川の増水、低い土地の浸水などに注意を呼び掛けている。

 気象台は6日夕までの24時間雨量を西部の多い所で150ミリと予想。その後7日夕までに、100~150ミリの雨が降る見込みとしている。西部を中心に同じような地域で雨が降り続き、大雨警報が発表される可能性もあるという。


シェアする