1. ホーム
  2. 経済
  3. 日産、EV電池子会社譲渡を中止 中国ファンド、資金不足

日産、EV電池子会社譲渡を中止 中国ファンド、資金不足

経済 神奈川新聞  2018年07月04日 17:15

 日産自動車(横浜市西区)は2日、中国の投資ファンド「GSRキャピタル」に売却する予定だった電気自動車(EV)用バッテリー事業の譲渡を中止すると発表した。連結子会社「オートモーティブエナジーサプライ」(座間市)の株式譲渡を予定していた6月29日に、GSRから資金不足との連絡があったという。

 エナジーサプライは日産が51%、NECグループが49%を出資し、EV用リチウムイオン電池の開発と生産を手掛ける。事業譲渡は、エナジーサプライと追浜、厚木、座間にある日産の開発・生産技術部門の一部、米英の生産事業が対象だった。

 日産は、今後の見通しについて検討した上で詳細が決まり次第速やかに公表する、とした。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 【写真特集】台風15号の被害状況

  2. 【台風15号】護岸崩壊、工場に海水 数百社被災か、横浜

  3. 【台風15号】停電続いた鎌倉で支援広がる 銭湯、無料も

  4. 【台風15号】浸水の工業団地、被災750棟か 横浜

  5. JR東海道線大磯駅で男性はねられ重体 1500人に影響

  6. 動画 【台風15号】陸上自衛隊が倒木撤去、鎌倉

  7. 【台風15号】県内の建物被害、15市町村に

  8. 今季初、インフルエンザで学級閉鎖 川崎の市立小学校

  9. 【台風15号】横浜港にも爪痕 浮きドックやシーバス漂流

  10. 160人のわいせつ画像撮影、提供か 動画販売業の男逮捕