1. ホーム
  2. 社会
  3. 大涌谷「落ち着いた状態」  東海大教授が火山ガス観測

大涌谷「落ち着いた状態」  東海大教授が火山ガス観測

社会 神奈川新聞  2018年07月04日 02:00

大涌谷で火山ガスを採取する東海大のメンバーら(同大理学部大場武研究室提供)
大涌谷で火山ガスを採取する東海大のメンバーら(同大理学部大場武研究室提供)

 箱根山(箱根町)の大涌谷で3日、東海大の大場武教授が火山ガスの定点観測を行い、「火山活動は落ち着いた状態」であることを確認した。大涌谷は観測史上初の噴火から3年が経過。この日は火口などから噴き出す蒸気の勢いも弱まっていたという。

 大場教授は2015年4月に火山活動が活発化する前から、大涌谷と周辺の噴気地帯で火山ガスをほぼ毎月採取。ガスの組成変化から活動の消長を見極めているが、「前回調査時と比べ、ほとんど変化していなかった」とした。

 大涌谷では15年6~7月にごく小規模な噴火が断続的に発生。一時は3(入山規制)に引き上げられた噴火警戒レベルは、最低の1(活火山であることに留意)が続いているが、気象庁は噴気やガスなどに注意するよう呼び掛けている。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会