1. ホーム
  2. 社会
  3. 大阪北部地震2週間 歴史教訓生かそうとするも、解明に壁

大阪北部地震2週間 歴史教訓生かそうとするも、解明に壁

社会 神奈川新聞  2018年07月03日 10:32

 古い時代に起きた歴史地震の解明は、重要な課題となっている。マグニチュード(M)8級の巨大地震を繰り返し発生させる「相模トラフ」が延びるだけでなく、直下型を起こす内陸の活断層も多いだけに、いつ、どこが震源になってもおかしくないからだ。歴史地震の教訓を備えに生かそうと、調査や研究が進められているが、文献などの“証拠”には偏りや制約があり、解明の壁は低くない。

 歴史書などを基に、被害が生じた主な地震を網羅的に取り上げた「日本被害地震総覧599-2012」によると、鎌倉時代の13世紀には1213年、1227年、1230年、1240年、1241年、1257年、1293年に鎌倉で被害があったことを示す地震の記録が残る。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. ダム緊急放流、水位調節は実施されず 国交省、対応調査へ

  2. 【写真特集】台風19号 神奈川各地の状況

  3. 【台風19号】記録的豪雨の箱根、被害甚大 芦ノ湖が増水

  4. 【台風19号】のり面崩壊、PAにも被害 西湘バイパス

  5. 電通局長を現行犯逮捕 ラグビー観戦後、警備員殴った容疑

  6. 【台風19号】箱根、深い爪痕 続く運休、芦ノ湖水位上昇

  7. ハマスタで長男投げつけた阪神ファン、書類送検

  8. 【台風19号】川に転落の男性、遺体で発見

  9. 【台風19号】浸水、水没、横転… 相模川沿岸、被害多発

  10. 【台風19号】横浜港でも被害 海づり施設、氷川丸デッキ