1. ホーム
  2. 社会
  3. 根底に「愛着の崩壊」 ケアマネ研修会で精神科医

根底に「愛着の崩壊」 ケアマネ研修会で精神科医

社会 神奈川新聞  2016年10月24日 02:00

講演する岡田尊司医師=横浜西公会堂
講演する岡田尊司医師=横浜西公会堂

 介護保険のケアマネジャー(介護支援専門員)に精神疾患・精神障害について深く理解してもおうと、精神科医岡田尊司さんを招いた研修会が23日、横浜市西区の横浜西公会堂で開かれた。

 本人や家族が精神疾患を患い、支援に困難を伴う事例への対応について岡田さんが解説。「支援者が安全基地になることが大切。良い関係を築いて初めて、相手もアドバイスを受け入れられる」と強調した。県介護支援専門員協会(横浜市西区)の主催で約160人が参加した。

 岡田さんは「現代は親子、夫婦の関係も希薄で不安定になり、人と人との絆が危機にある」とし、その根底にあるのは「愛着の崩壊だ」と指摘。精神障害者の治療、回復にも、愛着を修復、改善することが有効だとした。鍵を握るのは「どんなときでも大丈夫と言ってくれる安全基地の存在だ」と述べ、ケアマネジャーら支援者がそうなるべきだと訴えた。

 質疑応答では参加者から「長時間のクレームで困っている」などの質問が寄せられた。岡田さんは「説得しようとしても逆効果になる。言い分をよく聞き、受け止めることが必要。問題をすぐに解決しようとせず、良い関係をつくることが大切」とアドバイスした。

 参加者は「愛着という考えが新鮮だった。日々の活動の参考になった」と話していた。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会