1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 「大規模地震対策は喫緊」 小此木防災相、認識示す

「大規模地震対策は喫緊」 小此木防災相、認識示す

政治行政 神奈川新聞  2018年06月27日 10:45

 政府の地震調査委員会が「全国地震動予測地図」2018年版を公表したことを受け、小此木八郎防災担当相(衆院3区)は26日の会見で、「日本ではどこでも大きな地震が発生する可能性がある」と指摘。南海トラフ巨大地震や首都直下地震を念頭に、「大規模地震対策は喫緊の課題」との認識を示した。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする