1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 鎌倉市役所移転巡り住民投票を 市民団体が署名活動へ

鎌倉市役所移転巡り住民投票を 市民団体が署名活動へ

政治行政 神奈川新聞  2018年06月26日 02:00

住民投票実施を目指し、立ち上がった団体の設立集会=市福祉センター
住民投票実施を目指し、立ち上がった団体の設立集会=市福祉センター

 鎌倉市役所本庁舎移転の是非を問う住民投票の実施を目指し、市民有志が23日、団体を立ち上げた。7月以降、市内各地で勉強会や署名活動を始める。

 団体は、市長に住民投票実施のための条例制定を直接請求するため、市の有権者の50分の1(約3千筆)以上の署名を集めることを目標に据える。

 23日に市福祉センター(同市御成町)で行われた設立集会には、市民約80人が参加。共同代表の岩田薫・山王台自治会長は「市長は市役所移転を訴えて当選し、(移転が)信任されたと主張しているが、改めて市民の賛否の声を住民投票で届け、大切に聞いてもらいたい」と団体設立の意図を説明。参加者からは「ごみ焼却施設整備など、他にもやることがあるはず」「賛否だけでなく、市役所の将来構想を市民で議論したい」などさまざまな意見が上がった。

 市は、県の津波浸水想定の範囲内に立ち、老朽化も進む現庁舎について、市有地の深沢地域整備事業用地(同市寺分)に移転し、消防本部や体育館、公園と一体的に整備、現庁舎跡地は市民相談窓口を残す方針を示している。本年度は新庁舎の基本構想を取りまとめる予定だ。


シェアする