1. ホーム
  2. 社会
  3. 家族3人切られ死傷 逃走の男、転落死か 横浜・旭区の団地 トラブルで県警に相談も

家族3人切られ死傷 逃走の男、転落死か 横浜・旭区の団地 トラブルで県警に相談も

社会 神奈川新聞  2018年06月21日 22:59

男女3人の殺傷事件があった団地前で警戒に当たる警察官=21日朝、横浜市旭区若葉台4丁目
男女3人の殺傷事件があった団地前で警戒に当たる警察官=21日朝、横浜市旭区若葉台4丁目

男女3人の殺傷事件があった団地前で警戒に当たる警察官=21日朝、横浜市旭区若葉台4丁目
男女3人の殺傷事件があった団地前で警戒に当たる警察官=21日朝、横浜市旭区若葉台4丁目

 21日午前1時35分ごろ、横浜市旭区若葉台4丁目の横浜若葉台団地の一室で、「夫と息子が男ともめている」と110番通報があった。県警によると、男はこの部屋に住む家族3人に刃物で切りつけ、夫の男性(61)が首などを切られて死亡した。長男(40)は意識不明の重体。妻(64)は顔などにけがを負った。

 男は逃走したが、特徴が似ている人物が同市金沢区のマンション敷地内で転落死しているのが見つかった。男は妻の姉の元夫(76)とみられ、県警が身元を確認するとともに殺人容疑などで捜査している。室内からは凶器とみられる血の付いた脇差し(刃渡り50センチ)が見つかった。

 県警によると、男性の妻や男の家族が男とトラブルになっており、2015年10月ごろから計12回、県警に相談や連絡が寄せられていた。

 男は姉との面会を要求し、男性宅に押しかけたり、「(元)妻と会わせてくれないと死ぬしかない。殺すしかない」などと殺害をほのめかす内容のメモを郵便受けに入れたりし、県警から2回、口頭注意を受けていた。

 県警は相談を受けて、パトロールの強化や定期的な経過確認などの対応をとっていた。県警広報県民課は「危機感を持ち、適切に対応していたと考えているが、事件を踏まえて検証する」としている。家族らから被害届は出ていなかった。

 現場は東急田園都市線南町田駅の東約2キロにある県内有数の大規模団地。突然の事件に、住民の女性(74)は「娘から『(男性の家族は)みんなとても優しく、良い人たちだった』と聞いている。衝撃で言葉もない」と肩を落とした。


シェアする