1. ホーム
  2. カルチャー
  3. 伝統継承に貢献 20団体に助成金 小田原

伝統継承に貢献 20団体に助成金 小田原

カルチャー 神奈川新聞  2016年10月23日 02:00

さがみ信用金庫地域文化芸術振興基金助成金の受賞者ら=報徳二宮神社
さがみ信用金庫地域文化芸術振興基金助成金の受賞者ら=報徳二宮神社

 地域文化や伝統芸能の伝承、後継者育成などに寄与している地域の団体を支援する「さがみ信用金庫地域文化芸術振興基金」の助成金贈呈式が21日、小田原市城内の報徳二宮神社報徳会館で行われた。

 助成事業は同信金創立70周年記念にスタートし、20回目。今回を含め助成団体は総計178団体、助成総額は3085万円に上る。 今回は申請があった20団体について、9月の同基金運営委員会(同信金、神奈川新聞社などで構成)が審査、演劇や音楽など8団体を選出。贈呈式で秋葉勝彦理事長は「地域文化で頑張っている人たちを応援しようと始め、20回を迎えられた。今後のご活躍を祈念します」とあいさつした。

 今回の助成団体は次の通り(申請順)。

▽日本和種馬文化研究協会(小田原市)
▽小田原フィルハーモニー交響楽団(同)
▽相模人形芝居下中座(同)
▽小田原市民劇団こゆるぎ座(同)
▽小田原少年少女合唱隊(同)
▽小田原鉄道歴史研究会(同)
▽足柄ウィンドオーケストラ(足柄上郡と南足柄市)
▽演劇プロデュース「螺旋階段(らせんかいだん)」(小田原市)


シェアする