1. ホーム
  2. ベイスターズ
  3. ベイスターズが「オフィシャルホテル」 ハマスタ隣接に1例目、球団肖像使用

ベイスターズが「オフィシャルホテル」 ハマスタ隣接に1例目、球団肖像使用

ベイスターズ 神奈川新聞  2018年06月20日 18:34

ベイスターズの装飾が施されたコンセプトルーム
ベイスターズの装飾が施されたコンセプトルーム

 プロ野球の横浜DeNAベイスターズは20日、プロ野球球団としては初という球団肖像などを使用した「オフィシャルホテルプログラム」を開始すると発表した。横浜スタジアムと隣接するホテル横浜ガーデン(横浜市中区)が1カ所目の公認ホテルとなり、観戦チケットが付いた宿泊プランを販売するほか、ライブビューイングを開いて新たな観戦スタイルを提供する。

 今後はオリジナルグッズや、ベイスターズカフェ、ベイスターズウエディング、ラウンジの開発などを検討する。オフィシャルホテルは、球団が取り組むスポーツを通じて街を盛り上げる「横浜スポーツタウン構想」の一環で、スポーツツーリズムの推進を目指す。

 ホテル横浜ガーデンは横浜スタジアムと隣接するアクセスの良さや、フルサービス型の宿泊施設であることなどが決め手となったという。同ホテルの客室は50室あり、そのうち5室(各部屋定員2人)をコンセプトルームとして、ユニホームをイメージしたルームドアやベイスターズの装飾を施したりする。選手の写真なども飾る。オリジナルのアメニティーグッズを持ち帰ることができる。

 パッケージツアー付き宿泊プランは、観戦チケット付きで7月1日販売開始。まず8月のホームゲームの8試合が対象で、9月以降は随時発表する。ライブビューイングは宴会場で8月ごろ実施予定で、料理も楽しめる。


会見後、写真に納まる横浜DeNAベイスターズの岡村社長(右)と湘南ホテルマネジメントの稲川社長=ホテル横浜ガーデン
会見後、写真に納まる横浜DeNAベイスターズの岡村社長(右)と湘南ホテルマネジメントの稲川社長=ホテル横浜ガーデン

 20日、会見した横浜DeNAベイスターズの岡村信悟社長は「フルサービス型の宿泊施設と連携を拡大することで、観光としてもわれわれのスポーツコンテンツを楽しむ世界を築くことができる」と説明した。ホテル横浜ガーデンを運営する湘南ホテルマネジメントの稲川好繁社長は「景色が変わったな、元気そうだなと思われるよう、一つ一つのイベントを行いたい」と意気込んだ。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 160人のわいせつ画像撮影、提供か 動画販売業の男逮捕

  2. 複数の女子高生と同時に性行為 男を逮捕

  3. 【写真特集】台風19号 神奈川各地の状況

  4. 東海道線で人身事故、1人死亡 大磯駅

  5. 【台風19号】山北の給水車問題 黒岩知事が陳謝

  6. 【台風19号】日産スタジアムの遊水地 過去3位貯水量に

  7. 「ばれなければ大丈夫…」 男子高校生買春で小学校長逮捕

  8. 性行為を生中継 出演者募った男を逮捕

  9. ベイ、ドラフト1位に桐蔭・森敬斗 2位は立命大・坂本

  10. 【台風19号】箱根の鉄道、道路寸断続く 秋の観光に打撃