1. ホーム
  2. 話題
  3. 時代の声を活字に オピニオン誌「arc」20号

東郷編集長 節目迎え決意新た
時代の声を活字に オピニオン誌「arc」20号

話題 神奈川新聞  2016年10月23日 02:00

arc編集長の東郷さん(右)と営業部長の津田みや子さん
arc編集長の東郷さん(右)と営業部長の津田みや子さん

 川崎市高津区の出版社「レイライン」が21日、オピニオン誌「arc(アーク)」の20号が刊行された。2002年の創刊以来、広告を廃して各界の専門家・著名人らのインタビューや寄稿を掲載してきた。同社代表で編集長の東郷禮子さん(71)は「節目を無事に迎えることができた。今後も時代をリードする人の声を伝えたい」と意気込んでいる。

 目玉は、160ページのうち20~30ページを占める巻頭の編集長インタビュー。これまで作家の城山三郎、写真家の蜷川実花、脳科学者の茂木健一郎、歌手のアグネス・チャンら各氏に取材。テーマは政治経済からアートまでと幅広く、発言のほぼ全てを掲載して思想や人生観を浮き彫りにした。

 19号では「世界の一部“ニッポン”を考える」と題し、思想家の内田樹さんにインタビュー。人文系学部廃止論に潜む考えや、憲法改正の動きと天皇制、旅客船沈没事故からみる韓国の教育の課題などを論じた。「事前に質問は用意しない。だからこそ、会話の流れでいろんな話が出てくる」と東郷さん。このほか、映画や本の批評、海外ルポなども掲載している。

 今月21日に発売の20号では、映画監督の想田和弘さんにインタビュー。「リベラルの逆襲!」をテーマに雨宮処凛さんと浜矩子さんらのエッセーを掲載。定価1200円(税別)。バックナンバーも販売中。問い合わせは同社電話044(788)6814。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 0歳が頭部骨折 車衝突に巻き込まれ母子が重軽傷 相模原

  2. 動画 【台風19号】川崎の大規模浸水、2つの原因浮上

  3. 高校野球秋季関東大会 東海大相模、来春のセンバツ確実に

  4. 【台風19号】インフラ寸断、温泉打撃… 箱根に災禍再び

  5. 高校野球秋季関東大会 桐光、準決勝進出を逃す

  6. 宮ケ瀬ダム放流開始 国交省、台風20号接近に備え

  7. 高校野球秋季関東大会 県勢2校、21日準々決勝 東海は習志野、桐光は桐生第一

  8. 【写真特集】台風19号 神奈川各地の状況

  9. 【台風19号】横浜港でも被害 海づり施設、氷川丸デッキ

  10. 【台風19号】城山ダム緊急放流、二転三転 下流域は混乱