1. ホーム
  2. 時代の正体
  3. 時代の正体〈407〉差別の否定を呼び掛ける ヘイトスピーチ考

【カナロコ・オピニオン】(10)デジタル編集部兼報道部・石橋学
時代の正体〈407〉差別の否定を呼び掛ける ヘイトスピーチ考

時代の正体 神奈川新聞  2016年10月22日 12:59

ヘイトデモの抗議に立つ(左から)中根寧生さん、崔江以子さん、夫の中根正一さん=6月5日、川崎市中原区
ヘイトデモの抗議に立つ(左から)中根寧生さん、崔江以子さん、夫の中根正一さん=6月5日、川崎市中原区

【時代の正体取材班=石橋 学】現実から目をそらさないでほしい。検索サイト「Yahoo!JAPAN」に「崔江以子」と打ち込む。表示件数は67万7千件。ピーク時には80万件を超えたこともある。先頭には「お前、何様のつもりだ!!」と題するブログが表示される。顔をさらす静止画、動画が並び、「嫌なら即刻出てけ」「祖国で暮らしなさい」のコメントが躍る。差別をやめて共に生きようと訴えたその人を襲うさらなる差別。それを放置する差別。手つかずのインターネット対策が差別天国と呼ぶにふさわしいこの国の様相を映し出す。

 川崎市川崎区の崔(チェ)江以子(カンイヂャ)さん(43)に浴びせられているのは単なる罵詈(ばり)雑言ではない。在日コリアンというマイノリティーに対する歴史的、構造的差別を前提にした攻撃ゆえ、与える打撃は大きい。

 沈黙と諦めを強い、それは差別され、傷つけられることへの諦めにとどまらない。出自を隠し、ありのままを生きられなくなる。そうした苦しみを、かつて自分のルーツに否定的なイメージしか持てなかった過去から知る崔さんはヘイトデモに抗議の声を上げ、実名での報道を自ら願い出た。

 「生きること自体を諦めてしまわないよう、私が声を上げることで希望を示したかった」

 そうして差別をやめようと口にした途端、さらなる差別が襲う。邪魔をするな、これまで通り自由気ままに差別をさせろという叫びがそこから聞こえる。

 バーチャルな世界での書き込みだ。気にしなければよい。見なければ済むではないか。そんな声が聞こえてくる。

 だが殺害までを想起させる「原因菌は元から断たないとダメ」「あなた方に消えてほしいと願っている」という書き込みまでが続いているのに、どうして気にせずにいられるだろう。長男の中根寧生(ネオ)さん(14)が毎朝、スマートフォンをチェックするのが日課になって久しい。それは母親を守るため、自身への差別書き込みが削除されているかを確かめるため、だ。

 差別と向き合う。それは自分が差別されている存在であることを確かめる作業でもある。崔さんは言う。

 「数の多さに驚くことはなくなっても、慣れるということはない。毎朝新しい書き込みがなされるたび、書き込みが消されていないことを確かめるたび、一件一件にしっかりと傷つく」

 自宅の表札を外した。インターホンの電源を切り、居間の固定電話には出ないことにした。子どもに近所のコンビニへ連れて行ってとねだられても一緒に行けない。「私にはネットで書き込みをしている人を知りようがない。一緒のところを襲われたら守りようがない」。小学4年生の次男は「知らない人に声を掛けられたら、お母さんの名前は『みさえ』といいます、と答えるよ」と言った。

 被害は現実の生活に深く刻みつけられている。

本気度



 法務局は寧生さんの差別書き込みについてプロバイダーのツイッター社に削除要請を行った。「削除をしなさいと国が示してくれたことは心強い」と崔さんは言う。

 ヘイトスピーチの問題に詳しい師岡康子弁護士は「被害者に代わって迅速に削除要請してくれたのは一歩前進だが、本気でヘイトスピーチをなくそうとしているかが問われている」と話す。削除要請から半月が過ぎても差別書き込みは残り続けている。

 そもそもツイッター社は

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする