1. ホーム
  2. 政治行政
  3. スマホで納税、藤沢市が新サービス クレカ決済導入も検討

スマホで納税、藤沢市が新サービス クレカ決済導入も検討

政治行政 神奈川新聞  2018年06月18日 10:12

モバイル端末から市税の支払いを可能にした専用アプリ「モバイルレジ」
モバイル端末から市税の支払いを可能にした専用アプリ「モバイルレジ」

 藤沢市は7月から、スマートフォンなどのモバイル端末で市税を納付できるサービスを導入する。市によると、スマホを活用した納税は、県内一般市では初の試み。

 納税者は、NTTデータが開発した専用アプリ「モバイルレジ」をスマホなどにインストール。同アプリで納付書に印刷されたバーコードを読み取り、金融機関のインターネットバンキングを利用して支払う。対象税目は市県民税、軽自動車税、固定資産税、都市計画税。上限額は30万円。

 市は2010年度からコンビニでの収納を開始しているが、今回はさらに利便性を高めるために実施を決めた。当面はインターネットバンキングのみでの利用となるが、クレジットカード決済の導入も検討していくという。


シェアする