1. ホーム
  2. 社会
  3. 「認知症カフェ」で思い共有 横須賀、当事者や家族ら50人参加

「認知症カフェ」で思い共有 横須賀、当事者や家族ら50人参加

社会 神奈川新聞  2018年06月18日 02:00

「認知症を楽しく学ぼう」をテーマに講演した内門医師 =横須賀市若松町
「認知症を楽しく学ぼう」をテーマに講演した内門医師 =横須賀市若松町

 認知症の人や家族らが集い、病気の症状などへの理解を深める「認知症カフェ」が17日、横須賀市若松町の「タリーズコーヒー横須賀中央店」で開かれた。当事者ら約50人が参加し、専門家の講演に耳を傾けたほか、相談や悩みを打ち明けた。中島内科クリニック(同市米が浜通)と同店の共催。

 訪問診療を中心に在宅療養を支援する診療所「湘南いなほクリニック」(平塚市)の内門大丈院長が、「認知症を楽しく学ぼう」をテーマに講演。認知症になっても適切なサポートがあればできることも多く、社会生活を送れるとした上で、「周囲に話した方が介護者の負担が軽くなる」と呼び掛けた。

 続いて、医師や看護師らがテーブルを回り、参加者から相談や悩みを聞いた。

 5年前に認知症と診断された横須賀市の男性(69)は「『これくらい簡単にできるだろう』と思ったことが、いざやるとできない。『俺の人格を返してくれ』という気持ちだ」と心境を吐露。男性の妻(65)は「近所ではオープンにしていないので、他の参加者と思いを共有できて心が楽になった」と話した。

 中島内科クリニックの中島茂院長は「当事者や家族が気軽に集える場所が、横須賀市内にもっとたくさんできれば」と語った。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. ブルーライン延伸、有力ルート案に市民意見募集へ 川崎市

  2. 横須賀市内で5900軒停電

  3. ロマンスカーにはねられ、女性死亡 厚木市内の踏切

  4. 「裏横浜」にようこそ 10月にツアー、参加者募集

  5. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  6. 【写真特集】台風15号の被害状況

  7. 破天荒が4連覇 相模原でよさこいイベント 45チームが熱演

  8. サーファー男性が溺れて死ぬ 鵠沼海岸

  9. 水没車引き上げ作業中に死亡 ワゴン車と乗用車に挟まれる

  10. 【台風15号】ボランティア活動開始 横浜の工業団地