1. ホーム
  2. 社会
  3. 箱根・大涌谷で5月に噴出物 気象庁「噴火でない」

箱根・大涌谷で5月に噴出物 気象庁「噴火でない」

社会 神奈川新聞  2018年06月13日 02:00

大涌谷で行われた火山ガスの定点調査=12日、東海大理学部大場武研究室提供
大涌谷で行われた火山ガスの定点調査=12日、東海大理学部大場武研究室提供

 活発な噴気活動が続く箱根山(箱根町)の大涌谷で5月中旬、一部の噴気孔から泥水とみられる噴出物が出ていたことが、気象庁の調査で分かった。周辺に噴石などはなく、同庁火山課は「噴火が起きたのではない」としている。

 同課によると、噴出物が確認されたのは同月16日夜から17日にかけての間。大涌谷に設置している監視カメラが、噴気とともに霧状に巻き上げられた場面を捉えた。現地調査で噴石や小石の飛散は確認されなかったが、噴気孔の風下側30メートルの範囲で地表が黒く変色していた。


火口や噴気孔などから蒸気の噴出が続く大涌谷
火口や噴気孔などから蒸気の噴出が続く大涌谷

 地震活動は引き続き低調で特段の地殻変動もないため、同課は「火山活動は活発化していない」と判断。5段階の噴火警戒レベルは1(活火山であることに留意)を維持している。

 今月12日に大涌谷で火山ガスの定点観測を行った東海大の大場武教授も「火山活動に特段の変化はない」との見解を示した。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会