1. ホーム
  2. 社会
  3. 「焦らず長期的な計画を」 特別支援教育をテーマに講演会

「焦らず長期的な計画を」 特別支援教育をテーマに講演会

社会 神奈川新聞  2018年06月12日 02:00

将来を見据えた早期対策の重要性を訴える山内会長=横浜市中区の神奈川労働プラザ
将来を見据えた早期対策の重要性を訴える山内会長=横浜市中区の神奈川労働プラザ

 不登校や発達障がいの疑いがある子どもの育児に悩んでいる人たちを対象にした特別支援教育講演会が10日、横浜市中区の神奈川労働プラザで開かれ、約450人が参加した。

 主催は、障がい児成長支援協会(山内康彦会長)。山内会長が「支援学校で教育内容がどのように違い、進路や就労がどう違ってくるか」をテーマに講演した。

 山内会長は「まずは子どもの実力を親が理解すること、学校側と連携して対応することが大事。今が大切と言われるが、焦らず長期的な支援計画を立て、将来を見据えた早期の対策がより必要」などと話した。

 参加者からは「どんな力がつけば働けるのか」「支援級から通常級に戻るタイミングは」などと、多くの質問が寄せられた。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. ブルーライン延伸、有力ルート案に市民意見募集へ 川崎市

  2. 横須賀市内で5900軒停電

  3. ロマンスカーにはねられ、女性死亡 厚木市内の踏切

  4. 「裏横浜」にようこそ 10月にツアー、参加者募集

  5. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  6. 【写真特集】台風15号の被害状況

  7. 破天荒が4連覇 相模原でよさこいイベント 45チームが熱演

  8. サーファー男性が溺れて死ぬ 鵠沼海岸

  9. 水没車引き上げ作業中に死亡 ワゴン車と乗用車に挟まれる

  10. 【台風15号】ボランティア活動開始 横浜の工業団地