1. ホーム
  2. 社会
  3. 梅雨いずこへ横浜で初の真夏日 海老名、小田原でも30度超え

梅雨いずこへ横浜で初の真夏日 海老名、小田原でも30度超え

社会 神奈川新聞  2018年06月10日 02:00

日傘を手に山下公園を歩く観光客ら =横浜市中区
日傘を手に山下公園を歩く観光客ら =横浜市中区

 日本列島が高気圧に覆われた9日、県内各地でも強い日差しが照り付けた。横浜では日中の最高気温が31.3度(横浜地方気象台調べ)を記録し、今年初の真夏日となった。

 山下公園(横浜市中区)では、降り注ぐ日差しを少しでも和らげようと、日傘を手に歩く観光客の姿が目立った。プロ野球の日本生命セ・パ交流戦、横浜DeNA-日本ハムが行われた横浜スタジアム(同)では、試合前からむっとする暑さに。カメラマンたちも傘を差して暑さをしのいだ。

 海老名(31.6度)や小田原(30.2度)でも今年最高となり、真夏日に。県は今年初の光化学スモッグ注意報を川崎市に発令した。


シェアする