1. ホーム
  2. 話題
  3. 暑さに負けず芋掘り 三浦の地場野菜、舌でも満喫

暑さに負けず芋掘り 三浦の地場野菜、舌でも満喫

話題 神奈川新聞  2018年06月10日 02:00

ジャガイモの収穫を楽しむ子どもたち=三浦市三崎町城ケ島
ジャガイモの収穫を楽しむ子どもたち=三浦市三崎町城ケ島

 三浦半島の地場野菜を収穫するイベントが9日、三浦市の城ケ島で開かれた。県内各地から参加した親子連れら約40人が、真夏を思わせる日差しにも負けず、ジャガイモ掘りに汗を流した。地元企業や大学などでつくる三浦半島地域活性化協議会の主催。

 参加者は、4種類のジャガイモ掘りに挑戦。地場野菜の保存活動に取り組む市民グループ「城ケ島野菜をつなぐ会」のメンバーとともに、子どもたちは「大きいのがあった」「赤いのが見つかった」などと歓声を上げながら、軍手を着けた手でジャガイモを土中から掘り出した。

 体験後は、ポテトサラダや豚汁に舌鼓を打った。市民グループが事前に収穫していたジャガイモや城ケ島固有のネギを使って調理したもので、小学2年の田端桃子さん(8)=横浜市神奈川区=は「普段食べているジャガイモより甘くておいしい」と笑顔で話した。


シェアする