1. ホーム
  2. 話題
  3. 自動運転でバス走行実験 10日に藤沢でフォーラム

自動運転でバス走行実験 10日に藤沢でフォーラム

話題 神奈川新聞  2018年06月09日 11:55

自動運転技術を活用して走行するバス=慶応大学湘南藤沢キャンパス
自動運転技術を活用して走行するバス=慶応大学湘南藤沢キャンパス

 自動運転技術を活用したバスの走行実験が、慶応大学湘南藤沢キャンパス(SFC、藤沢市遠藤)で行われている。10日までの期間中、キャンパス内を時速10~15キロほどで走行し、車両の安全性などをチェック。さらに技術開発を進め、キャンパスと最寄り駅を結ぶバス路線での実用化を目指す。

 実証実験は同大、小田急電鉄、神奈川中央交通、ソフトバンクグループのSBドライブが共同実施。SBドライブは遠隔運行管理システムなど自動運転に必要なシステムを開発している。

 6日には実験の様子が報道陣に公開された。4者はキャンパス内に設けられた全長約500メートルの走行ルートでバスを走行させたり、指定の位置で停車させたりし、車両の安全性やシステムの有効性を確かめた。


実験では安全面に配慮し、運転手が同乗したが、ハンドルから手を放していた
実験では安全面に配慮し、運転手が同乗したが、ハンドルから手を放していた

 自動運転技術の開発について、神奈川中央交通事業推進グループの大塚英二郎課長は「交通事故の防止や運転手不足の解消につながる」と期待。同大大学院政策・メディア研究科の大前学教授は「自動運転以外にも、大学にはITやまちづくりなどを研究している人材もおり、技術を応用しながら可能性を広げたい」と話した。

 4者は今後、車内で急病人が出たり、料金支払いでトラブルが起きたりした際の対応など、運転手が車内にいない自動運転での課題についても研究する。

 最終日には、大前教授やSBドライブ社長らが講演するフォーラムを開催。バスと、慶大が独自で開発した自動運転車の一般向け試乗会も行われる。問い合わせは、同大湘南藤沢事務室広報担当電話0466(49)3418。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会