1. ホーム
  2. 時代の正体
  3. 【速報】〈時代の正体〉川崎の公園に差別落書き ヘイト集会許可影響か

【速報】〈時代の正体〉川崎の公園に差別落書き ヘイト集会許可影響か

時代の正体 神奈川新聞  2018年06月07日 22:55

「朝鮮人こそレイシスト」などと書かれた公園の木製ベンチ(川崎市提供)
「朝鮮人こそレイシスト」などと書かれた公園の木製ベンチ(川崎市提供)

【時代の正体取材班=石橋 学】川崎市は7日、同市高津区の五つの公園・広場のベンチなどで在日コリアンを差別する落書きが見つかった、と発表した。同じ筆跡で「朝鮮人こそレイシスト」「朝鮮人こそ反日ヘイト」「神奈川県警は朝鮮人の犬」などと書かれていた。市は器物損壊容疑で高津署に被害を届け出た。

 市によると、ベンチや柱など計11カ所に黒の油性ペンで書かれていた。6日に清掃ボランティアが2カ所で発見。残りは市民の通報を受けて区職員が調査し、7日に確認した。消去したり、ブルーシートで覆ったりする措置を取った。5月21日の清掃時、落書きは見当たらなかったという。

 市人権・男女共同参画室の担当者は「誰が書いたか不明で、落書きがされたことや背景についてコメントできない」と話している。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする