1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 4選対応「時宜見て決断」 清川村長・大矢氏

4選対応「時宜見て決断」 清川村長・大矢氏

政治行政 神奈川新聞  2018年06月07日 02:00

 来年2月に任期満了を迎える清川村の大矢明夫村長(70)は6日、4選出馬の可能性について“白紙状態”を強調した上で、「村政運営は永遠で終わりがない。どこかで次の方にバトンを渡すというのは必然的なこと。そういう決断も時宜を見てしていかないといけない」と述べた。

 同日の村議会本会議で細野洋一氏(無所属)の一般質問に答えた。大矢氏は今後の村政運営への意欲について問われると、「まずは任期中の村政運営に全身全霊をもって当たっていきたい」と、現時点での進退の明言を避けた。


シェアする